ナショナルバイオリソース
Home > ナショナルバイオリソース

ナショナルバイオリソース

ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)病原微生物

ナショナルバイオリソース イメージ

文部科学省では2002年度からナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)を開始し、国が戦略的に整備することが重要なものについて体系的に収集、保存、提供などを行うための体制を整備してきた。その後5年ごとの見直しを行い、2012年度より第3期が開始された。

NBRP病原微生物中核機関である千葉大学真菌医学研究センター(病原真菌・放線菌)、大阪大学微生物病研究所および岐阜大学大学院医学研究科(病原細菌)と長崎大学熱帯医学研究所(病原性原虫)は、相互の機関の連携を図り、これらの病原微生物株の収集・保存・提供体制を整備して、高度情報を賦与した信頼できる病原微生物株として提供し、感染症と病原体の教育・研究をする人々を支援している。

本プロジェクトは、今後いかなる感染症が発生しても対応できる病原微生物コレクションを目指している。

NBRP「病原微生物」体制図
NBRP「病原微生物」体制図

保存(年間増加株数)

  H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 累計
真菌 742 1,295 686 575 664 19,888
放線菌 141 150 99 81 102 2,459

提供(件数(株数))

  H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度
真菌 159(1,669) 120(1,856) 153(1,981) 106(1,584) 98
(1,266)
放線菌 10(69) 16(108) 16(139) 13(322) 13(133)

病原真菌・放線菌分譲について

本事業の主旨は、これらの菌株を積極的に利用していただくことですので、関係者におかれましては、是非、教育や研究、さらには医薬開発などにご利用していただきたくご案内いたします。なお、2012年9月12日より菌株分譲依頼方法が新しくなりました。菌株カタログページ(https://daphne.pf.chiba-u.jp/distribution/catalog 新規ウィンドウでページが開きます)で選択いただいた菌株の分譲代金をクレジットカード決済にてお支払い頂けます。ご利用方法はカタログページのトップをご覧ください。

また、クレジットカード決済によらない「銀行振込」をご希望の場合は、「使用目的・その他ご希望の入力」のページにて「銀行振込希望」とご記入下さい。

分譲菌株の決定につきましては、バイオリソース管理室(田中玲子:moru@faculty.chiba-u.jp)で随時相談を受け付けております。 お気軽にお問い合わせください。

分譲価格

大学・教育機関・国公立試験機関 10,000円/1株
その他の民間試験研究機関 20,000円/1株

寄託に関する書類