センターについて
Home > センターについて > センター長挨拶

センター長挨拶

笹川千尋センター長 写真

千葉大学真菌医学研究センター(MMRC:Medical Mycology Research Center)は、我が国唯一の真菌医学総合研究拠点として、基盤研究、臨床研究、共同研究、人材育成を主たる目的として活動しています。

真菌感染症は、感染症の課題の一つとして重要性は認識されていましたが、以下に述べる理由から、特に我が国では、その脅威が今後益々大きくなって行きます。我が国は、すでに65歳以上の高齢者が総人口4分の1を占める超高齢社会にあります。それに伴い、老人病、生活習慣病、高度医療等に起因する日和見感染症の増加も著しく、したがって真菌感染症は大きな社会問題となっています。一方で、若年層の人口減少に伴い、今後開発途上国から多くの移民労働者を受け入れる必要にも迫られています。同時に、アジア・アフリア・中南米との交易の依存度も益々高まり、その結果、難治性輸入真菌症や真菌食中毒をはじめとする様々な輸入感染症が新たな脅威となっています。このような背景から、本センターの果たす役割は以前にも増して重要になっています。

本センターは、2010年文部科学省から病原真菌研究の共同利用・共同研究拠点として認定され、全国の大学、国公立研究機関、医療機関、企業と緊密に連携して、共同利用、共同研究、教育活動に積極的に取り組んでいます。一方2002年より、本センターは病原微生物のバイオリソースプロジェクト(NBRP)の事業拠点として、本事業を大阪大学、長崎大学、岐阜大学と分担して活動を行っています。本センターでは、病原真菌を中心に、国際的水準を誇る高品質、大規模なリソースを保有しています。本センターによる、病原真菌株の分譲及びゲノム情報提供は、研究者コミュニティーや医療機関の研究と医療活動には不可欠なものとなっています。

本センターは、我が国の真菌医学研究を先導し、また次世代の研究者を育成する使命が求められます。本センターでは、2010年よりPI(Principal investigator)制度を導入し、7つの独立研究グループリーダーによる基盤研究と臨床研究を活発に行っています。基礎研究では、あらたに真菌免疫学および真菌バイオインフォマティクスを立ち上げ、学際的な次世代真菌医学の創成を目指します。また本センターの臨床感染症グループでは、本学病院の感染症管理治療部と緊密に連携し臨床研究を行うとともに、全国の医療機関に対するさまざまなコンサルテーションを日常行い、臨床現場と全国ネットワークを形成して活動しています。本センターでは、これらの機能をさらに強化すると同時に、次世代の真菌臨床感染症研究者の育成にも努力しています。

以上のように、本センターは、今後も我が国の真菌医学の発展に先導的な役割を果たす所存です。

千葉大学真菌医学研究センター・センター長
笹川 千尋